ChakraSound
チャクラの周波数に合わせた音のアプリ


▼概要

チャクラの音を簡単に出すことができるアプリです。
基準音 A(ラの音)を432Hzにしたピタゴラス音律の ドレミファソラシの7音は、
代表的な7つのチャクラに意識が 向くことが分かります。

他にも重要な音を2つ加え、9つのチャクラの音を簡単に出せるようにしました。

グランディングや瞑想、チャクラ強化、体のパーツに意識を向けたい、
チャクラに対応するアロマや食物を調べたい、気持ちよく声を出したいなどに活用して下さ い。

チャクラの周波数をベースにしたバイノーラルビートも出力できます。

オシレーター(発振器)モードによって、任意の周波数や、バイノーラルビートを出力することもできます。

 

▼機能の説明
 
 
BodyChakra


 
ボタンを押すことで、
そのチャクラの音を出せます


B
(シ) 第7チャクラ  頭頂  紫


A(ラ) 第6チャクラ 眉間   藍色


G(ソ) 第5チャクラ 喉   水色


F(ファ) 第4チャクラ 胸   緑


E(ミ) 第3チャクラ みぞおち 黄色


D(レ) 第2チャクラ 性器  オレンジ


C(ド) 第1チャクラ 会陰  赤


その他
B♭(シ♭) 眉間と頭頂の間
E♭(ミ♭) 臍下

 


 















右下の

このボタンを押しますと



スライダーが表示され、
音量を微調整することが可能です

 



KeyBoard


チャクラの周波数で歌うことやハミングできるように簡易な鍵盤

チャクラの周波数A=432Hzピタゴラス音律と
多くの演奏で利用されているA=440Hz平均律の鍵盤の切り替えができます。

音を出しながらその音に合わせてハミングしてみると、その2つの調律の違いを体感できます。

Binaural beat バイノーラルビート


脳波に作用するといわれるバイノーラルビートを出力します。


周波数の差を利用して【うなり音】(バイノーラルビート)を作成します。


例えば、右側の音を132Hz、左側の音を128Hzにした場合、

132−128=4Hzのうなり音が聞こえます。


バイノーラルビートの効果を上げるため、チャクラの周波数を基音にできます。


推奨は、

2.5Hz〜8Hzまでが、"C"

10Hzは"E"、20Hzは"B"が表示されます。

Oscillator < big>オ シレーター(発振器)モード


任意の周波数を出力します。


2Ch.それぞれで、周波数の調整ができるので、

バイノーラルビートを作成できます。


左側の周波数を256Hz、右側の周波数を257Hzに指定すれば、その差は1Hzになりますので、1Hzのうなり音(バイノーラルビート)が生まれま す。


例えば、200Hzをベースにした2.5Hzのバイノーラルビートを作成したいときには、片側の周波数を202.5Hzまたは、197.5Hzを指定して ください。




▼開発のきっかけ

瞑想中に聞こえてきた128Hzのうなり音を きっかけとして、その音を調べているうちに、ルドルフ・シュタイナーの言葉を見つ けました。
「C=128hz (基準周波数A(ラ)=432hz でのC(ド)の音)に基づいた音楽は、人々を霊的自由へと解放する支援となるでしょう。」
シュタイナーによれば、ヒーリングミュージックの世界で有名な432Hzの音よりも、128Hzのほうが重要らしい。
432Hzをラの音(A)にした時に、128Hzがドの音(C)になるには、現在主流の平均律ではなく、ピタゴラス音律にならなければなりませんでした。

128Hzをドの音にしたピタゴラス音律でドレミファソラシを聞いているうちに
7つのチャクラの位置にピッタリと、意識が向かうことがわかったのです。
わたしはヨガを学んでおります。それが役に立ちました。
そこで、その音を簡単に出すアプリを作りました。

ちなみに、スピーカーの発明にもヨガ深く役立っており、 人生の多くに影響を与えました。
瞑想はパラマハンサ・ヨガナンダの「あるヨギの自叙伝」を読むことがきっかけとなり、パラマハンサ・ヨガナンダのテキストを利用して瞑想しております。
欧米のIT技術者の中で瞑想がブームとなっておりますが、その火付け役はスティーブ・ジョブズだそうです。
ジョブズの所有していたiPadの電子ブックの中には「あるヨギの自叙伝」一冊のみが入っていたことと、ジョブズの葬式の参列にやってきた重要人物数百人 に「あるヨギの自叙伝」が配られたという話もあります。

このアプリで128Hzを鳴らしながらするマントラのような発声法と瞑想は、心が静まる効果がとても高くおすすめいたします。


▼聞き覚えのある音をどんどん発見するかもしれません。

高い音の耳鳴りで有名な、C=4096Hzの耳鳴り=エンジェルゲート周波数も第一チャクラの音で出力されます。

同意するとき、ウンウンと頷くときの音はG=96Hzの音がピッタリ。

試しに、Gの音以外の音で首を動かしてみてください。

Gの音は喉のチャクラです。最も首を動かしやすい、頷く動作がしやすいと分かることでしょう。

Aの音は笑顔の周波数と名付けました。ブログでも紹介しましたが、Aの音は頬の筋肉が動きやすくなり、微笑むのにちょうどいい音です。
半音高いB♭の音は歓喜するときの表情にピッタリな周波数です。

Eの音(第三チャクラ)は横隔膜の動きに作用するのか、その音を聞きながらだと腹式呼吸がしやすくなります。

Dの音(第二チャクラ)は腰に意識が向きやすく、前後左右動かすのに適した音、営業の世界ではDの声は謝罪をするときのピッチと呼ばれています。
それは、最敬礼をするときには、腰から曲がる方がよく、腹を割って話をするというように、自分の本音が相手につたわることも関係するようです。
SEXとも関係があるのも納得できます。

Cの音(第一チャクラ)はグランディングの周波数。128Hzの音は背筋を伸ばし、良い姿勢でリラックスしているとき、その音と同じ音を出しやすくなりま す。
お経を読んだり、マントラを言うときに、このピッチに合わせるのがぴったりです。

このように周波数の影響を体が受けていることが分かるようになります。

ドレミファソラシの7つのチャクラの音の他に、意識を合わせやすいEbやBbの音も入れております。


アロマや食物にもチャクラの周波数と関係があります。

この音を聴くことに慣れてくると、狼の遠吠えや、鳥の鳴き声などもチャクラに合う音なのだと気がつくことが多くあるかもしれません。

さらに、エンサウンドの抱っこスピーカー・ハグミーを 用いれば、音の振動を肌で感じることができるので、より効果的に楽しめます。

抱っこスピーカー
ハグミー



都合上、ボタンが右にずれておりますが、体の中心線上です。

プラスとマイナスのボタンはオクターブが上下します。

出力される最低周波数は16Hz、最高周波数は、20736Hzです。

ごく低い音(40Hz以下)は一般的な小型スピーカーでは正しく再生することが難しいので、ヘッドホンをご利用いただくか、抱きまくら型スピーカーのエン サウンド・ハグミーを推奨いたします。



▼チャクラに対応したアロマや食物を調べる方法
音によって、アロマや食物がどのチャクラと相性が良いのか確かめることができます。

匂いや味を楽しみながら、チャクラの音を鳴らしてみて、1番しっくりくる音を発見してください。作者が調べたものはブログにて掲載しております。

少人数での検証ですが、例えば、以下のようになりました
どれも手に入れやすいものですので、実験してみて下さい

チャ クラ
合うもの
C 第一 人参、フランキンセンス
D
第 二 しじみ、 イランイラン
E
第 三 味噌、 牛乳、レモン
F
第 四 ローズ、ラ ベンダー
G
第 五 ユーカ リ、プロポリス
A
第 六 コー ヒー、アルコール飲料
B
第 七
イチ ゴ、ペパーミント

他のものはこちらで一覧にしております。
もっと知りたい人はこちらを御覧ください


▼その他の特徴
バックグラウンドでも動作いたします。


▼注意事項
スマートフォンのスピーカーでは200Hz以下の音は再生するのに不向きですので、イヤホンをご利用になるか、良質な外部スピーカーで鳴らしてください。

10000Hz以上の高い音は年齢とともに聴覚が衰えて聞こえなくなってきます。
自分には聞こえていなくても、周囲に迷惑がかかる場合がありますのでご注意下さい。

聴覚を損なう恐れがありますので、外部スピーカーやヘッドホンをご使用の場合は大きな音量ならないよう注意して下さい。



▼バージョン履歴
2018/01/13 Version: 0.1.3 初期バージョン公開
2018/09/x      Version: 0.2.0 鍵盤・バイノーラルビート機能・オシレーター機能の追加

▼ダウンロード
9つのチャクラの周波数


▼LINK
・チャクラの周波数を発見 したいきさつ

・English